metalnの書き置き

適当なことを適当に書いていきます

駅伝初心者のための箱根駅伝講座 2

  • 記事概要

 この記事は複数回にわたるシリーズ記事になります。

  1. 箱根駅伝の概要、各区間紹介

    駅伝初心者のための箱根駅伝講座 1 - metalnの書き置き

  2. 展開予想(今回)
  3. 選手紹介(複数回になるかも)
  • 今回の要約

 ここ数年は「青学の時代」と言われてきました。

2015 ワクワク大作戦 山の神神野降臨

2016 ハッピー大作戦 完全優勝(1区からずっと1位) 

2017 サンキュー大作戦 三連覇&駅伝三冠(同時は史上初)

 2018年も「ハーモニー大作戦」というものがたっています。

 違うと思います。思ったけど。

だけど、今年の青学、まだ勝ってません。「青山学院大学」に加えて、青学に勝ってきた東海大学」「神奈川大学の二校が優勝候補となってくるでしょう。

 こんなことを言ってますが、やっぱり今年も優勝候補には挙がってきます。強みは「三度の優勝を経験してきた事実」と、「山下りの神小野田(3)」の存在でしょう。6区が計算どころか、区間新までふまえた区間になるのは大きな強みです。一方で、弱点は「1区2区で離される可能性がある」ことでしょうか。今年の青学はいわゆるスターターがいません。17年に1区を担当した梶谷は出雲で8区と出遅れてます。

 個人的に2区は鈴木(2)につないでもらうイメージでいますが、2区は神奈川大が攻めるでしょうし、1区で遅れた場合の計算が厳しくなります。1区2区のどちらかで田村(4)を使うか、3区で田村にリカバリーさせるか。3区まででしっかりと軌道に乗せれば強いと思います。下田(4)の起用区間が5区になるのか8区になるのかにも注目です。

 出雲駅伝を圧倒的なスピードで制した「スピード集団」ですね。「10000mなどの持ちタイムは全チームトップ」ですし、「春日(4)を始めとした上級生の復帰」は大きいでしょう。昨年は2区で關(2)が離されてしまい優勝争いからは転落してしまいましたが、明らかに今年は初優勝を狙えるチームとしてかえってきた気がします。不安なことをあげるならば「それでも若いチームであること」ですが、失うものはないので王者を脅かしてくれると思います。

 全日本を制し、今大会の優勝候補に名乗りをあげました。何と言っても「昨年区間賞の鈴木(4)の存在」が大きいでしょう。間違いなく現大学生ナンバーワンです。昨年は2区を首位通過して万年予選会をいっきに脱却しましたが、今年もほぼ確実に2区を首位通過します。1区山藤(3)が残っているのも強いですね。弱点をあげるならば、「上2チームより持ちタイムが低いこと」、「全日本と違い8区間逃げなければならないこと」があげられるでしょう。しかし、この3チームの中で不確定要素が一番少ない印象があるので、十分戦えるでしょう。

 

他の注目大学についても少し。

 全日本で5区までレースを引っ張った実力あるチーム。エース山本(3)と全日本区間賞相澤(2)が往路を引っ張ってくれる気がします。三強崩しして「10年連続総合3位以内」を達成できるか注目です。

 前回箱根と出雲で4位の実力校。オリンピアンランナー塩尻(3)は2区で鈴木破りをしてくる可能性は十分にあります。前回4区区間賞栃木(4)もいますし、往路の主役候補になってくると予想します。

 かつて一時代を築いた強豪。エース工藤(4)、片西(3)、全日本6区区間賞の堀合(3)らが軸となって、上位争いをしてくれるでしょう。

個人的にはこの辺りが往路の先頭争いをしてくれると予想しています。復路の戦力差的には前述の三強が有利ではあると思いますが、ミスや「山の神」しだいではいろいろかわるでしょう。

 

次回は選手紹介第一弾として、

湘南の風の戦士 下田裕太(青山学院・4)

東大史上最速ランナー 近藤秀一(関東学連・東大・3)

静岡の好敵手コンビでいきます。

ひとりごと 望月杏奈で妄想してみた話

 今日は杏奈で妄想しながら授業受けてました。この人末期ですね。

続きを読む

ひとりごと アイマスと私

 ふと思うんですよね。

なんで俺はアイマス界隈に落ちたんだ!?

 

 なんででしょうね。俺のオタクっぽい歴史追えばわかるかなと思ったので追ってみます。

 

 2006年 DQMJ発売。いわゆる俺のドラクエ歴」の始まり(実際の初プレイはもう少し前だが、DQの人となった意味で)。極限攻略データベースを見るようになる。RTA知識などのやりこみ情報欲しさに関係サイトをいろいろ見る。

 2007年 DQ7をクリア。初のナンバリングクリアとなる。GEOあたりの広告でアイマスを見つけて「は?」となっていた記憶(この辺がアイマス最古の記憶)。

 2008年 吹奏楽部でなぜか「射手座午後九時don't be late」(マクロスF)を渡される。

 2009年 けいおんが流行る。俺は乗らず。

 2010年 まだけいおんが流行る。当時アンチAKB。進学塾時代に幼馴染からいろいろ布教される。

 2011年 高校に入ったが、まだ普通の子。

 2012年 3DSを買う。ここで、EさんやLさんらと交流し始める。この辺からようやく「てってってー」とか「72」とかを意識し始める。極限関係者の1人がライブに行く。日記やブログをずっと追ってたので、俺も意識してたと思われる。
 2013年 帰りの電車でアイステ待機シリーズ。俺は聞いてないけど。歩く会でトライアングラー作戦決行。

 2014年 センター終了後の車の中でごちうさの話してた記憶。わかんなかったけど。センター1週間後に輝きの向こう側へ。まだこの時の俺はゲーセン同行しながら「はぁ?」と思ってる。11月に近くの大学の学園祭にころあずが来る。少しして世界樹2を買う(=種田梨沙を知る)。

 2015年 DQ10復帰。デレステ配信されたが、「一応やるか」くらいのテンション。ていうかソシャゲが苦手なので続かなかった。ニコニコのプレミアム会員になる。

 2016年 世界樹の動画を見ていたはずだったのに、アイマス架空戦記を見始める。はまる。

 2017年 交流したいと思ったので芝MTにMくんを連れて行く。インスタ映えの妨害をしてしまう。完全に落ちる。ひどい。ミリシタを頑張る。

 

 やっぱ地味に「とある極限関係者のブログ」が大きかったかもしれない。

駅伝初心者のための箱根駅伝講座 1

  • 自己紹介

 相馬(学連選抜・筑波大・1)と同じ大学の大学生です。本来下田(青山学院大・4)と同年代にも関わらず、近藤(学連選抜・東大・3)のように1年浪人してます。
 駅伝やマラソンに関しては、親の影響もあって2016年頃から気になりました。鈴木(神奈川大・4)の存在を事前にチェックしてたの助かった。東京マラソン2016で結果を残した下田のことを調べていたら、アイマスにも興味持ちました。今は大学の方々に曲布教されています。僕自身は別に体育会系じゃないのであまり走れません。先日ちゃんとした大会で10km走ったんですが、60分の壁すら越えられませんでした。これから修行です。

 

  • 記事概要

 この記事は複数回にわたるシリーズ記事になります。

  1. 箱根駅伝の概要、各区間紹介
  2. 展開予想
  3. 選手紹介(複数回になるかも)

 暫定ではありますが、こんな感じでやっていきます。記事の目的としては、

  • 普段箱根駅伝をなんとなくしか見ていない人たちに魅力を伝える
  • 僕らしい観点からの選手紹介
  • 僕の知識、文章校正能力の向上

となっています。マニアの方は温かく見守ってください。

続きを読む

ひとりごと 高校生クイズ予選

 2017年1月、全国男子駅伝7区を見ていたら、たまたまではあるけれど神野・一色・下田・塩尻の豪華メンバーが3位争いをしていました。全国男子駅伝は一般区間が2区間しかないので、エース格はみんな7区なんですよね。この時は年齢順ゴールでした。この時の塩尻や、1位独走の上野を追わないメディア見ると悲しくなります。

 

 僕は気になったんですよね。「茨城の7区って誰だよ!」

 調べたんですよ。畳みます。

続きを読む

「夢屋レッスン初級編」(1.0単位)

  • 自己紹介

 

coins Advent Calendar 9日目の記事です。

adventar.org

 習得単位数が増えました(前年比2倍)。内容は据え置き。 

 

 coins15の情弱代表、metaln(@metaln1750)です。あまり意識していなかったんですけど、たぶんこのAdvent Calendarで一番年齢は上です。人生経験は0です

 TQS(T食べるQ食うS食事)でクイズしたり、298プロ(←new!)でアイマスに漬けられたりする日々です。TQSの裏団体、ランラン夢屋研究会の最後の生き残りとして今回は記事を書きます。

 (ちなみにこの自己紹介は23日目にも使われると思います)

 

 今年の発起人です。

sudame.net

 7日目はこちら(僕が見た時点では8日目はなかった)。

yuiki.hatenablog.jp

 (追記) 8日目でました。

katoyu.hatenablog.com

 

  •  はじめに

www.adventar.org

 

metaln1750.hatenablog.jp

 上の記事は、2年前の夢屋Advent Calendarです。夢屋情報が非常に多いです。正直ここの事を全部読めば夢屋単位が10単位くらいは降ってきます。それくらいの濃さです。

 下の記事は僕が去年書いたものです。この記事はこれのリメイクになります。

 以下折り畳み。

続きを読む

今年何があったかを振り返ってみる。

 そういえば、ツイッターでそんなタグあったんで。

 あまり思い出せそうにないので、思い出せない時はツイッターのアクティビティ見ながら思い出していきます。 

 

  • 1月

 箱根駅伝があった。問題なのは、駅伝が終わっても相変わらず下田ツイートしてること。ポケモンでタマゴ孵化させてたらしい。

  • 2月

 アクティビティトップは、「下田Pと伊藤美来のフォロワー数を比較したやつ」

 こいつ下田Pのことしかつぶやかないのかよ。あとFEHはじめた。マルス二連抜き。

  • 3月

 Switch購入。EQIDENは1問だけ回収。後SASUKE。

  • 4月

 

   アニメ史に残る権利すら与えられなかった爆死アニメナナマルサンバツの声優バイトにいつもの適当なテンションで応募しようとする杉田で25,000RT。伸びたとはいえ、自前コンテンツじゃないし、特に意味はない。あと鍵垢でテンプレ使われても困るし、テンプレをうまく返せなかったのが残念。

 しばらくしてはるかぜちゃんに反応されて、「なんで今発掘するんだよ」ってつっこんでた記憶。

  • 5月

 この辺から、Pであることを自覚し始める。298プロに名前を置く。それまで比較的高校と変わらない日々を過ごしていたので、結構な転機だった気が。

  • 6月

 試験期間中にミリシタ配信開始。リセマラせずに静香。

  • 7月

 ドラクエ11発売。何故か古川さんにQm@sを発掘されてしまう。古川さんはこの後中村繪里子さんとどっかでQm@sの話をしていた記憶があるが、忘れた。

  • 8月

 夏休み。朝けもフレとJアラートで盛り上がってる日が確認できる。Qさま面白かった。

  • 9月

 天7で駅伝問(小椋の区)とんできたのにスルーする大失態。チームに貢献できなくて申し訳ない。

 RanRanで整理券1獲得。

  • 10月

 FE無双。SASUKE。298プロの練習サポートもとい観察。

  • 11月

 学園祭でいろいろした。研究室配属は無事第一希望。

 

うん、全然思い出せなかった。