metalnの書き置き

適当なことを適当に書いていきます

駅伝初心者のための箱根駅伝講座 3 ~選手紹介編1~

  • 記事概要

 この記事は複数回にわたるシリーズ記事になります。

  1. 箱根駅伝の概要、各区間紹介 駅伝初心者のための箱根駅伝講座 1 ~箱根駅伝とは~ - metalnの書き置き
  2. 展開予想 駅伝初心者のための箱根駅伝講座 2 ~展開予想編~ - metalnの書き置き
  3. 選手紹介(今回)

 

  • 今回の概要

 今回からは、実際に走る選手紹介です。とは言っても、210人のこと僕も正確にはわかってないので、一部の方を厳選してです。今回は

静岡の好敵手コンビ

  • 東大最速ランナー 近藤秀一(関東学連・東大・3)
  • 湘南の風の戦士 下田裕太(青山学院・4) 

 の2人でいきます。

  この2人、近藤が東大に1浪しているため学年は違いますが、同年代です。

僕が語るより、既存のニュース読んでもらった方が早いのでくわしくはこちら。

 

  • 近藤秀一

 まぁ気になると思いますが、東大生です。はい。13年ぶりの東大生ランナーです。

 今年の関東学連チーム(今は関東学連選抜ってチーム名じゃないんですね、書いているときに気づきました)で他大学の4年生(とはいってもたぶん同年代ですが)をはねのけての主将任命。箱根予選会では学連チーム1番、全体の20番目、20km59分54秒と1時間切りを成し遂げる実力者です。今年の東京マラソンでも2時間14分13秒の好タイムで見事学生2位を成し遂げました。1位の中村(青学・4)は箱根エントリー漏れしてました。

 箱根では1区を希望しており、メンバー決定レースの結果、チーム1位の成績となり、1区で走ることがほぼ確実になりました。1区ということで、映る機会も多い区間です。一桁順位で襷を繋いでくれることを期待しています。

 

  • 下田裕太

 本題です。僕の推し選手なので語ります。同年代ランナーで初めて心動かされたので。うん。

  要約されていましたね。うん。

 16年の8区区間で無名から知られてきたところからの、東京マラソン日本人2位まぁこのレース日本人が全体的にひどいレースなんですけど、ひどい中での大学生の希望として君臨しました。一色や村山を抑えて。ついでに彼は誕生日が3/31だったのが功を奏して10代最速記録ゲット。一躍時の人です。

 当時のニュース見つけました。

 まぁ結局普通に選考されたので、オリンピアンランナーにはなりませんでしたが。それまで駅伝男田村1強だった青学の田村世代が、田村・下田世代になった瞬間ですよね。熱い。翌年箱根も同タイムで区間賞。3区秋山同様、湘南の星になったわけです。ゴール後のダブルピースにも象徴されるように、チームの盛り上げ役として現チームを引っ張っています。

 普通のランナーならこれで終わりです。だが彼は、湘南の風の戦士

 あっ。

 ただのオタクでした。ひどいね。バンキシャに伊織Tとか映したのどう考えてもあれなんですよ。東京マラソンの賞金10万円がブルーレイに溶けた話とか。たまに青学長距離ブロックのやつにぴにゃTで写ってるのもひどい。

  どうせ最後はなにかの歌詞で来ると思ったらビンゴ。

 

 話を駅伝に戻しましょう。今年は箱根5区説が原監督の口から出されました。5区を区間賞クラスの72分ペースで走ってくれると予想されることから、神野以来の山登りコンバートが期待されています(神野も2区からの5区異動でした)。5区で100%出されたら、「箱根のエターナルハーモニー」は青学のものでしょう。仮にいつも通り8区だったとしても、それだけで他チームにとっては脅威になってくるので。どの区間かは当日までわかりませんが、活躍に期待しましょう。東京マラソンにも注目。

 

長くし過ぎました。すいません。次回は選手紹介第二弾として、

オリンピアラブライバー 塩尻和也(順天堂大・3) 

鐘ヶ江の想いを継ぐ者 相馬崇史(関東学連・筑波大・3) 

の二人でいきます。