metalnの書き置き

適当なことを適当に書いていきます

カスミ筑波大学店について考えてみる

 筑波大学構内にカスミ筑波大学店がオープンしたので色々メモ書き・考察として残しておきます。適宜書き加えます。

 

  • キャッシュレス

 多分これが最大のポイントでしょう。「セルフレジ&『クレカorWAON』による支払い」により今までの日本のスーパーではありえなかった高速会計を実現しています。

メリット・+要素

・速いし楽

 それはそう。

・人件費

 セルフレジだけで既に人件費は抑えられますが、現金を完全に排除することで従業員の「現金の管理を行う」っていうフェイズを大きく減らすことができます。人間レジはもちろん、現金セルフレジが1台でもあったらこのフェイズは現れるのでこれはかなり運営としては大きいと思われます。

デメリット・−要素

・『クレカorWAON』に馴染みのない層の存在

 正直この層は一定数いると思います。

 まず、電子マネーにイオン系列のWAON(カスミはプライベートブランドトップバリュであることからもわかるようにイオン系列です)のみを採用しているあたり、自社電子マネーによる囲い込みを狙っているんだろうなという印象を受けました。流石にWAONが使える場所は増えてきましたが、セブンイレブン(自社電子マネーはナナコ)が未対応なあたり万能とは言い難いですね。せめて交通系ICカードを含めてくれればもう少しは違ったんだろうな。電子マネーをここでしか使わないよって人になると、「店内チャージ→購入」の2ステップを踏むことになり、両側に不利益な事態も考えられます。

 クレカも全大学生が持っているかと言うとまだ怪しいものがありますし、気軽に入っていいものかと言われると大きく頷けないところがあります。

 対応できない人間は切り落とすと言う見方もできますが、顧客を切り落とすのは勿体無い印象も受けます。

・そもそも生活に現金はまだ必要

 大学内でお昼を買ったりするのには結局現金が必要なので。個人経営の店とかも現金だしね。

 

  • 店内は小規模

 流石にコンビニほどではないものの、小さめの店舗の印象を受けました。メインの出入り口が1つなのもそう思った一因でしょう。

  • 休憩スペースの存在

 Wi-Fiと電源を確認しました。電子レンジが多かったあたり、意識しているんでしょうね。